2021年3月20日は農歴の「春分」です。

2021/03/19

3月20日は農歴の「春分」になります。
「春分者,阴阳相半也。故昼夜均而寒暑平」と言う言葉にあるように、春分の場合、陰と陽は半分半分になります。

したがって、昼と夜は同じで寒さと暑さも平衡します。

 「分」という漢字は、昼と夜、寒さと暑さの境界を意味しています。 

このとき、北半球と南半球は昼と夜を均等に分割し、春分の日から春も半分ということになります。

「春分」から「清明」までは、陽気が盛んになります。

植物の成長が激しいように、人間の血液も力強い時期に当たるのです。

ホルモンの分泌が盛んになり、血圧変動、動脈硬化、脳溢血などの非感染性疾患が、この時期に多発する傾向があります。

この時期「風症」と言われるようなアレルギー症状、神経痛や深い持病の管理が重要になりますので、日常生活、寒暑差の管理、体の陰と陽のバランスを維持する必要があります。

重要なのは、精神、食事、日常生活を調整することです。

下記の6つの原則をおすすめします、ご参考までに。

1、早寝早起き肝気を養う。
2、持病、慢性病の再発を防ぐ。
3、早めに着る服を減らさない。
4、1日に100回木クシで髪をとかす。
5、精力剤サプリメントと塩を少なく。
6、ニラ、コリアンダー、玉ねぎ、ピーナッツ、エビをもっと食べる。

養生を意識して、健康管理をしながら、この季節を楽しく過ごして行きましょう!!

heartsmileycoolwinklaughcheeky