コロナウィルス自己診断・Part2

2020/05/01

皆様お元気ですか。

現在、大変な時代に出くわしているように思うかもしれませんが、実は今、人類社会にとっていつも影に潜んでいた最も身近な恐怖心に向き合っているだけのことです。

様々な上呼吸器の問題が起きやすい季節とも重なるだけに、自分の身体に起きる些細な変化に一喜一憂する方も多いことでしょう。

COVIT-19感染症状の特徴は、免疫力と肺に対する攻撃です。

症状の疑いがある方に対してですが、ここで中医学に基づく自己検査の方法をお伝えさせていただきます。

1、前回のブログでもお伝えしましたが、深い完全呼吸をして咳出るかどうかのチェック。
2、手足の平に熱がこもっているかどうかをチェック。
3、ベロの奥の中心部が黄色帯びているかどうかのチェック。


発熱等、一般的な症状があった上で、さらにこの3つとも揃えて初めて発病の可能性があります。

それと、感染するかどうかビクビクして暮らしていると次第に免疫力が低下していきます。


こんな不安な状況なのにどうしたら安心することができるだろう?と思われるかも知れませんが、

今普通に呼吸していること、食事ができる事、歩けることなど、普段当たり前だという事に感謝して、喜びに目を向けて生活することで、気が活性化し自然治癒力が活性化され、自己免疫が高まっていきます。

皆様のご健康をお祈りしています。smiley

蘇雷